思いでのヤキトン屋

今日は風が強い。
ということは洗濯ものが乾くということだ。
朝一で、セッセと洗濯をして干す。

遅い朝食は、ポテトチップとコーヒー。@@
24027イエガムポットチップ

お昼も近いから、これだけ食べて、散歩に出る。
凄い風で飛ばされそうだ。
(道端に止めてある自転車は、皆倒れている。)

危ないから遠くへ行くのはやめて、スタバーでケーキとフラペチーノを飲む。
240227スタバの花見団子フラペチーノと桜シフォンケーキ

どちらも春のイベント品。
ケーキが大きいから、これでランチ代わりにしてもよさそうだ。

のんびりと本を読んで過ごしていると、結構時間が経つ。
この際だから、夕飯もついでに食べて行こうか?

甘いものを食べたから。。。ヤキトンが食べたくなる。@@
食べたいと思ったときは食べた方が良い。^^

もう足掛け50年以上も行っているヤキトン屋へ行く。
取りあえず、ノンアルとレバとシロ、そしてニラ玉を注文する。
240227富久晴のヤキトン

美味しい~。風が吹いても何のその、結構満席に近い。
この後、ナンコツ(タタキ)を食べて、帰ろうとすると、若い女性3人組が入って来る。
そう言えば、昔、私も女性3人組で来ていたので、昔はああだったかな?と懐かしく思う。
(もう、私以外の2人は亡くなってしまったから、今は一人でしか来れないが。。又来よう。)
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

東京は風が強かったみたいですね~。今朝のニュースで見ていろんなものが吹き飛ばされていて大変そうだなと思っていました。
風にあおられて転倒したりするかもしれないので気を付けてくださいね!

こちらの焼きトン屋さん、何度かぽっちゃさんの投稿に登場してますよね??
そのたびに美味しそうだな~と思っていて、焼き立ての香ばしい香りがつたわってきそうな写真を見るたび、こういうお店に行ってみたい気持ちになります(*^-^*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぼちゃ様

ケーキからヤキトンへ直行してしまうのは、ぼちゃさまの面目躍如ですね。

ところでヤキトンはカウンターですか。
カウンターならいいのですが、そうではない席でひとり焼き鳥、ひとりしゃぶしゃぶは自意識過剰でいまだできません。

挑戦しなくてはと思っているのですが。

No title

無知なもので「やきとん」を知りませんでした。
調べてみますと、豚の内臓の串焼きだとのこと。
甘さたっぷりのケーキとは全く趣の違う食べものですが、おいしいものはおいしいですからね。
しかし、かつては一緒にやきとんを食べたお仲間さんが今はいないなんて、さびしい限りです。

ジャンルの広さ

朝のポテチ(若者みたい)から始まって、スタバのフラペチーノ!
時間つぶしもスマートです。
ケーキは桜にちなんだ名前?
しっとりのスポンジが美味しそうです。
最後の決め!は ” ヤキトン屋 ” さん、
暖簾にもニオイの染み込んだお店でしょうか?
タレの味がお好みですね。
当時、女性ばかりで訪れたとは!!!
その頃からマイペース、時代の先を走っていたのですね。
ウフフ、、元気な3人組を想像してしまいます。

Re: kario  さま

コメントありがとうございます。

はい、強風はビル風となって、その凄さにはびっくりです。(゚д゚)!
丁度、私がマンションを出ようとしたら、外から帰ってきた人が「歩けませんよ。風でヨロヨロして!」と言っていました。
街路樹に出も捕まっていないと、吹き飛ばされます。(体重の重さには関係ありません。😲)
ご心配ありがとうございます。

はい、このヤキトン屋さん、今となっては食べる以外にも、青春の良き思い出となっています。
(先々代が焼いていた時から、通っているのですから。@@)
その当時は、女性は誰も来ていませんでした。^^
でも今は、吉田類の酒場放浪記や、女酒場放浪記でも紹介されたので、時々女性を見かけることもあります。
(女性一人は、今でも珍しいかも?^^)
お店も昔のまま、焼きも備長炭を使っていて美味しいです。(ヤキトン以外のメニューは少ないです。)
(私が一番好きなのは、軟骨(メニューに書いてない軟骨のタタキ))です。(歯の悪い人にはダメ。)
もし、東京へいらした折に出もお時間があれば覗いてみてください。
午後4時から営業していますので、早い時間帯の方が良いでしょう。
場所は、JR大塚駅の南口徒歩2分位かな?
「吉田類の酒場放浪記・大塚」又は「食べログの・富久晴(ふくはる)大塚やきとん」で検索してみてください。

Re: sion  さま

コメントありがとうございます。

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、身勝手なものです。食べたいものは食べたい時に食べる。
はい、このヤキトン屋はカウンター(だけ)です。12~3人ほど座れば満員です。
一人で来る人が多いです。(と言っても女性の一人は、まずいないですね。@@)
ヤキトン1本140円、ホッピーを飲んでヤキトンを数本食べる。寒ければモツ煮を注文して。。。そんな感じです。

No title

おお~~~ やきとん 良いですね
串になってるとは思いませんでした

これは 美味しいやつですよね~~~~

ケーキ良いですね・・・・・・・
久しぶりに 週末 食べに行ってこようかな

  駐在おやじ

Re: 声なき声 さま

コメントありがとうございます。

このお店、いわゆるセンベロ(1,000円程度でベロベロになれる)です。
でも私は、お酒類は飲みませんから、ノンアルドリンクで。。。1本140円のヤキトンを何本か食べるだけです。^^
豚の内臓と思うと、聞いただけで後ずさりする人もいるでしょうが、美味しいですよ。(備長炭で焼いています。)
私の好きな部位は、レバ(肝臓)は、言うまでもなく栄養が豊富です。これはタレで食べます。
そして、軟骨(首の部分)は、カルシウムが豊富です、これは、潮で食べます。
あとはお野菜の、ニラ玉(ニラのお浸しに、生卵の黄身だけを載せる)を食べれば、気分はセンベロ?@@^^

若い頃には、女性など足を踏み入れなかったこういうお店!
世の中の走りとでも言うのでしょうか、楽しかった思い出は、寂しさの中にも、今もこのお店に来ると当時を懐かしく感じられます。

Re: マーニ  さま

コメントありがとうございます。

食べたい時が食べ時ですね。
これからはだんだん食べたい時が減るかも?と思えば、ますます食べたい時に食べておかなければ。。^^
春ですからね、ポテチも桜シフォンも、今食べるのが美味しいでしょう!

このヤキトン屋さんは、のれんばかりでなく、店内の天井などは黒光りしています。^^
ヤキトンのタレは、先々代からず~と継ぎ足し継ぎ足ししてきたもの、カウンターには味の素が置いてある、昭和そのものの雰囲気です。
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、昔は女性だけで来るというのは珍しかった筈です。(チラチラと視線を感じていました。^^)
今は、このようなお店で、女性が「美味しい!」と言って食べるようになりました。拍手を送りたいです。(^ー^* )♪

Re: 駐在おやじ  さま

コメントありがとうございます。

このお店のヤキトンは本当に美味しいのです。
(煮込みもありますが)串にさして、備長炭で焼く。そして古くから継ぎ足されてきたたれをつける。
唐辛子か味噌をつけてたべれば、ホテルの豪華料理より美味しいです。^^
(昔は、レバ刺しがあったのですが、今は売ることが出来なくなって残念です。)

ええ、春には、シフォンケーキが美味しいと思いますよ。しっとりふわふわ。。。😋
いってらっしゃ~い!

こんにちはー!

おぉ!!
今回も凄いチョイスで感動!
スタバでケーキとか食べたいんだけど、マクタロウがねえ。
なんかスタバが好きじゃないので連れて行って貰えず…(涙)
焼トン屋さんかあ。こちらにも探せばあうのかなあ?
すっごく美味しそうですねえ。
ひとりで気ままに出掛けられたらなあ。
亡くなったおふたりはぽっちゃさんの思い出の中に生きてますね。

No title

東京の風は収まりましたか~ 強風の時に外出しちゃだめですよ~

Re: マクノスケ  さま

コメントありがとうございます。

確かに、スタバでケーキはあまり食べません。(ドーナツは食べるけど。^^)
(スタバは、FreeWi-Fiが入っているので、便利だからついつい入ってしまいます。)

ヤキトン屋さんて、おやじ族のサラリーマンにとっては強い見方です。安くて、美味しくて。^^
(表通りには無くても、ちょっと裏路地に入れば、きっとありますよ。)
このヤキトン屋さん、昔車椅子の母も一緒に行ったことがあるのです。(母も食べたいかな?と思ったので。^^)
(お店の人は、とても親切にしてくれました。)
それにしても、車椅子に乗った高齢女性がヤキトン屋へ行くって、ギネスブックものでしょうね。^^
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、私も車椅子になっても、一人で行くつもりです。@@
はい、亡くなった友人の分までも、出来る限り通いたいですから。。。

Re: 自遊自足  さま

はい、風速は衰えましたが、今日もまだ吹いていました。
ほんと、ビル風って凄いですから、気を付けなければいけませんね。
ましてや、よぼよぼ歩いているわけですから、外出だなんて、とんでもない話です。(´Д⊂グスン

04 | 2024/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

nonbiri365689

Author:ぽっちゃり婆
人生100年時代と言っても、もうその多くを生きて来た。
あと何年生きるのだろう。
死んでからでは遊べない、美味しいものも食べられない。
楽しむなら今のうちだ。。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
QRコード
QR