巣鴨地蔵通り商店街縁日

今日は4月14日、毎月の付く日は巣鴨地蔵通り商店街の縁日なので、久しぶりに言って見る。
昔は、お年寄りの原宿とも言われて、元気なお年寄りがカッポしていたのだが。。。
最近では、商店街にも、スパーなどが建ったりして、元気なお年寄りの姿を見るのも少なくなってきた。

が、しかし、今日は混んでいる。@@
塩大福で有名な伊勢屋も行列を作っている。
240414巣鴨地蔵通りいせや

これじゃ、今日私が食べようと思っているウナギのにしむらも混んでいるかな?
恐る恐る暖簾をくぐると、4~5人ほどしか並んでいない。ラッキー!

で、割と早く席に座ることが出来た。
そして壁には“やつめうなぎ入荷しています”の文字が。
メニューには書かれていなかったので、(そう、やつめうなぎはない日が多い)店員に聞いてみる。
「やつめうなぎの鰻重はあるのですか?」
「やつめうなぎ召し上がったことありますか?」
「いえ、食べたことがないので、食べてみようかなと思って。。。」
「やつめうなぎは癖があるので、大丈夫でしょうかね?」
(え?癖がある?つい最近までウナギは嫌いで食べれなかったのに、その上癖があるのは無理だろうな。。。)
「あ、じゃ止めておきます。」
(成程、ネット検索してみると、栄養価は高いが、とてもとても私には無理のようだ。もう少し予習が必要のようだ。教えて貰って良かった。)

でこうなる。^^
240414巣鴨にしむらのウナギ

このお店、かなりお年寄りが多い。(殆どが、お婆さんと息子。車椅子で来ている人もいる。)

ウナギを食べて元気になったから?屋台や赤パンのお店を見て歩く。
人出が戻ってきているようで良かった。
240414巣鴨地蔵通り

疲れたので、タリーズコーヒーへ入る。(この町には合わないと思っていたのだが、今の私には重要な休憩所だ。)
これは、イチゴヨーグルト。
240414タリーズのイチゴヨーグルト

帰りに屋台店で、3袋1,000円の干し芋を買って帰る。
スポンサーサイト



繁華街を避けて散歩

ブラブラ散歩をしていいると、何と“善光寺”が?
240413小石川善光寺4

善光寺って。長野じゃないの?

もう一つの門に言って見ると、“徳川家康公生母於大の方の念仏寺”と書かれたのぼりが立っている。
240413小石川善光寺3

徳川家康は、生母於大の方を伝通院に葬るとともに、念持仏を安置する寺を別途設けた。
それが、このお寺だそうだ。
もともとは、“縁受院”という名称だったが、明治になり伝通院から独立して、長野県の善光寺との関係を深め、その後「善光寺」と改称したそうだ。

今日は、のんびり歩き、ランチはドリンクだけですませた。
で、夕食を早めに食べる。

ここも始めて入るお店。中華屋だ。
そして初めて聞く、チョンファンなるものがメニューに載っているので注文する。
240413香港市場のチョンファン

見た目、蒸し餃子のようなのだが、外側が米粉を使っているそうだ。
左2本がエビで、右がチャーシューだ。(2種ミックスのメニューはないが、作ってもらう。^^)
これ、食感が面白い。

次に、葱チャーシューを注文する。
これ美味しい、ビールのあてにはピッタリだ。(ビールと言っても、オールフリーだけど。^^)
240413香港市場の葱チャーシュー

そして、春巻きを注文する。
中味は、エビとキクラゲだ。
240413香港市場のエビ春巻き

この中華屋も、店員はみんな中国のひとだが、日本語ペラペラで(客の身になって)親切だ。お値段もまあまあだし。
昨日の中華屋も中国人だけでやっていて美味しかったし。。。
これでは、日本の外食産業はうかうかしていられないのでは?

雨でリウマチが暴れる?

空を見ると、今にも雨が降りそうなのだが。。。天気予報は曇りだと言っていた。
取りあえず洗濯物を干して、出かけようとしたら。。。雨が降って来た。@@(´;ω;`)ウッ…
干した洗濯ものを取り込む。。。😞

ベランダのつつじにも雨が。。。(水遣りをしないで良いから、助かる?)
240412雨に濡れたツツジ

さてさて、天気予報を見ると、2時ぐらいには止むと言うので、取りあえず、ヨーグルトを食べる。
(上に載せたのは、ウニではない。^^ピーナツバターと蜂蜜だ。)
240412ピーナツバターヨーグルト

雨は止んだのだが、腰が痛い。(この痛みは、圧迫骨折の方ではなく、リウマチの方だ。)
で、行こうと思っていたところは止めて、遅いお昼をローストビーフのお店で食べる。
240412ローストビーフ丼

店員の人が運んできた際、「この玉子をこちら(白身が下に落ちる)に入れて、黄身だけをかけて召し上がってください」と言う。

フリーズドライの牛肉や、ローストビーフに卵の黄身をかけて食べるのはよくあることだ。
家庭では、白身もそれなりに手を加えて食べるが、お店ではこの白身はどうするのだろうか?(余計な心配。)

食べ終えると、(腰が痛いので、どこにも寄らず)さっさと家に帰り寝てしまう。

ふと起きれば、もう夜だ。8時を回っている。
夕飯は?
勿論食べたいけど作る気はしないので、ノンアルとおつまみを立って食べる。@@(腰が痛いから。)
(* ̄▽ ̄)フフフッ♪角打ち見たいだ。!
240412晩酌龍馬

そうそう、ブログを打つのも立って打つことに。(;´д`)トホホ

ギョイコウ桜&ウコン桜

今日は晴れた!
となれば、出かけなければ。^^

ちょっと思い出して、(大昔通っていた)幼稚園の桜はどうなっているだろうかと見に行くことにする。
昨日の雨風で、散ってしまっただろうな~。

幼稚園に着くと、入り口にはガードマンがいて入れない。ま、今時はそうだろう。
でも、(不審者と思われてもいいや、)折角来たのだから)と、覗いてみると桜の木はもう無くなっている。😞
もう半世紀以上前のことだから、そうだろうな~。😢

仕方がないので、かなり古くから営業している喫茶店で、一休みしようと思ったら、お休みだ。
きょうはついてないな~。(;´д`)トホホ

はてさて、どうしたらよいものか?とブラブラと歩きだす。
ん?あれはなんだ?写真を撮っている人がいるけど。。。

近寄ってみると、なんと桜だ。しかも、緑の桜と、薄黄色の桜だ。
珍しそうに見ていると、高齢女性が、「これが、ギョイコウ(御衣黄)桜で、あちらがウコン(鬱金)桜ですよ。」と教えてくれる。(やさしい人だな~。)

これが、御衣黄桜。
240410お茶の水のギョイコウ桜

そしてこれが、鬱金の桜。
240410お茶の水のウコンの桜3

ウコンの桜は見たことがあるけど、御衣黄桜は初めて見る。

そしてもう一か所、ソメイヨシノの並木に1本だけあるウコンの桜も見に行く。
240410播磨坂ウコンの桜とソメイヨシノ2 (2)

今日はついてないと思ったが、とんでもない、初めて見る桜を見ることが出来て、ついている日だ!^^

もう疲れて、一歩も歩けない。
で、テラス席のあるカフェに入り、難しい名前のドリンクを注文する。^^
240410播磨坂近くのカフェで

お店のおじさん(一人でやっているらしい)は凄く親切で、外で飲む感じもなかなか良いのだが、この飲み物が異様だ。^^
あ~、コーヒーにしておけば良かったとおもったが、意外とがっかりしない。^^

ランチは、食べそこなった。
で、早い夕飯を食べる。(何とお粥。)
240410海鮮お粥

このお粥、エビ、イカ、アサリなどが入った海鮮お粥なんだが、何とこれセットで880円。@@ 安!

1日中おさんどん

あちこちで、桜の花が満開になった。
そして今日は花散らしの雨だ。
この雨が上がれば、もう桜の花も落ちてしまうだろう。
遠くへは行かれなかったが、満開の桜を見ることは出来た。

今日は、多分1日中出かけない、出かけられないだろう。
のんびりと起きて、朝食代わりのサツマイモ(濃密やきいも)を食べる。
240409濃密やき芋

このサツマイモ、このまま食べられるように売っている。(勿論、トースターやレンジで温めてもよい。)
取りあえず2本だけ、トースターで温めて食べる。(ちっちゃいのだが、美味しい!)

お昼も、雨で外に食べに行けないから、自分で作らなければならない。
チャーハンとピクルス、そしてトマトジュースだ。
このチャーハン、ピクルスを作った野菜の皮など、手屑を入れた。
味は、だしパックの袋を破って振りかけた。(ので、調味料はこの出汁だけ。)
240409手屑野菜のチャーハン

家に居ると、口に使われる。
1日中、食べ物を作っている感じだ。(大したものも作らないのに。。。(;´д`)トホホ)

夕飯も勿論、ノンアルで晩酌。
友人からいただいた、ノンアルビール。べアレンノンアルコール黒ビールだ。
ノンアルの黒ビールは初めて飲む。
240409クロノンアルの晩酌2

このビール、ドイツ製造の大麦麦芽を使っていると書かれている。
黒ビールなのに重たくない(むしろ軽い)、このように泡立ちが凄い。いうまでもなく美味しい!😋

そして、手前にあるおつまみは、ポテトチップス。。ではなく、これお米チップスだ。
うるち米を使っていて、海苔塩と書いてあるが、海苔は青さだ。
240409お米チップス

1袋100gなのだが、お米だからだろう、流石の私も1袋は食べ切れない。
03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

nonbiri365689

Author:ぽっちゃり婆
人生100年時代と言っても、もうその多くを生きて来た。
あと何年生きるのだろう。
死んでからでは遊べない、美味しいものも食べられない。
楽しむなら今のうちだ。。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
QRコード
QR