サグラダファミリア展へ

目が覚めて、ふと何かが気になる。
スマホで今日の予定を見ると、何も予定は入ってはいない。

暫くして、もしかしてと。。。。
そう、見に行こうと思っていたサグラダファミリア展が、10日までなのに気が付く。(行くなら今日しかない!)
(予約はもう締め切ったので、)当日券を求めて出かける。

サグラダファミリアは、母と友人と3人で行ったことがある。(もう30年近くも前のことだが。)
あの時、「出来上がるまでには300年ほどかかるというから、完成は見れれないね」と笑って話していたものだが。。。
2026年には出来上がるという。
しかし、早まったからと言っても、もう、母も友人も亡くなってしまった。
私とても、2026年まで生きているか?生きていても行けないだろう。。。
ま、代表して今回の展示だけでも見に行こう!

11時過ぎには着いたのだが、(チケットの購入をして)予約番号をとると、14:00~14:30だという。
(3時間以上はあるのだが、当日券を買えただけでも良しとしなければ。)
その間、ご飯でも食べようか?
雨もポツポツと降りだした?ので、一番近い毎日新聞社のビルに入り、定食を食べることにする。
会社を辞めてから、こういう定食を食べるのは久しぶりだ。
230906毎日新聞社内の食堂

あとは、日本全国どこにでもあるスタバーで時間を潰す。
東京国立近代美樹幹へ戻ってくると、並んでいる人が減ったようだが?(そうだ、雨が降っていたからだ。)
230906国立近代美術館

(東京が終わると、滋賀と、名古屋で開催されるという。)

音声ガイドを借りて、展示室へ入る。
音声ガイドの音声は、城田優だ。(城田優のお母様は、スペインの人で、城田も幼いころサグラダファミリアの近くに住んでいたそうだ。)

展示スペースは狭いのだが、何せ、東京の展示があと数日に迫っているからだろう、混んでいる。
一部、撮影可のブースもある。

これは完成時の予想模型。
230906サグラダファミリア完成模型

そして現在は、このようになっていて、完成間近だ。
230906サグラダファミリア2023

おまけ、私たちが行った時は、このような状態だった。
230906サグラダファミリア1994年

帰りは、もう疲れて歩けないほどだ。
けれども、行って、見て、良かった。
スポンサーサイト



08 | 2023/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

nonbiri365689

Author:ぽっちゃり婆
人生100年時代と言っても、もうその多くを生きて来た。
あと何年生きるのだろう。
死んでからでは遊べない、美味しいものも食べられない。
楽しむなら今のうちだ。。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
QRコード
QR