思い出の赤提灯へ

昨日は、全くの体調不良で、朝から家でゴロゴロ。。。
一昨日の、病院めぐりがひびいたようだ。
(やはり歳には勝てない。)

過日植えたサフランがいつまでも花が咲かないまま、葉ばかりが伸びて...ズズズーンと!
231228サフラン

調べてみると、“球根が小さかった”のが原因のようだ。
で、このまま5月ごろまで置いて、球根を大きくして来年咲かせるのが良いようだ。(来年まで覚えているかね~?)

また、ポストを見ると、友人からハガキが届いている。
この友人、母が亡くなってから毎月(母の命日前後に)ハガキを送ってくる。
もう、10年以上たつから、130枚を超えている。((人''▽`)ありがとう☆)

そうだ、お昼も食べないで、こんなことをしていてはダメだ。

またまた、(亡くなった)友人との思い出の赤提灯(ヤキトン屋)富久晴へ行く。
Nさん、Iさんと三人、女性ばかりで、足掛け約半世紀程通っている。@@
(行き始めた頃は、若い女性が3人で、いつも周りからじろじろ見られたものだった。^^)
今日は勿論一人だ。(昔とは違って、老婆が一人というのも珍しいようだ。^^)

「へい、いらっしゃい。」
「一人、ここいいですか?」
「はいどうそ。」
「飲み物はノンアルビールで。」
「軟骨タタキ塩で2本、レバたれ2本、それにニラたまお願いします。」

231228富久晴

軟骨タタキは、私たちが好きで、何時も注文していたものだ。やっぱりたつかしいな~!

先々代のお店の様子から、何もかもが変わってない。
変わったのは、味変のために(現オーナー兄弟が作った)辛みそと、長葱だれだけだ。(そうそう、ノンアルビールもなかった。)
(串は、1本140円だ。昔はいくらだったかな~?)

このお店“吉田類の酒場放浪記”や、「女酒場放浪記」という番組に出てしまった。
昭和の懐かしい思い出の場所、壊れなければ良いのだが。。。
スポンサーサイト



11 | 2023/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

nonbiri365689

Author:ぽっちゃり婆
人生100年時代と言っても、もうその多くを生きて来た。
あと何年生きるのだろう。
死んでからでは遊べない、美味しいものも食べられない。
楽しむなら今のうちだ。。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
QRコード
QR