サンマ2回目

今日は巣鴨の寄席へ行こう。
家をちょっと早めの出て、サンマランチを食べることにする。

今日は、お寿司屋さんのサンマ定食。
220929寿司屋のサンマ定食

勿論、このお店も、サンマは未だ初物だ。
やはりまだ痩せている。(だんだん太ってくるので、太り具合を写真に撮っておくのも良いかもしれない。)

30分ほど前に寄席に入ると、何と、凄く混んでいる。@@
(噺家が、枕の部分で面白く言っていたが、本当は、前回が台風で、来られなかった人が今日来たからのようだ。)

来ている人は、圧倒的に女性が多い。で、男性は5~6人しかいないのだが、皆、前の方に座っている。
私も、やっとこさ空席をを見つけ、木戸銭代わりのドリンクを注文する。(木戸銭は、ドリンク付きで1,000円。)
別料金になるが、ケーキも注文する。^^(このケーキ、何と390円だ。安!^^)
220929寄席のコーヒーケーキ

2番太鼓が鳴って、5分もすると、噺家が出てくる。
220929寄席風景

今回の題目は、「饅頭怖い」と「宿屋の仇打ち」(真打ネタの代表で、ちょっと長い話)だ。
予定時間を10分ほど過ぎて終わる。

ところでこの噺家(立川志らら)は、このカフェの店長だ。
そして又、このカフェのチーフシェフ(?)は、お寺の副住職と2足の草鞋を履いているという。😲
二人とも働き者だ。

スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

寿司屋のサンマ

食べて見たいですねー。
寿司屋でサンマ定食!!

ホテルのレストランで「天丼の上!」って注文するくらい緊張します。(笑)
そんな事を普通にお願いしてしまうぽっちゃりさん、、良いですね。
それとも東京の寿司屋さんのサービスはソレほど行き届いているのでしょうか?それも、良いですね。

以前は気に入った割烹があってメニュー等見ないで注文できたのですが、コロナになってからはご無沙汰です。

それにしても羨ましい食事事情!!良いなぁ~~。

No title

お寿司屋さんで焼き魚って、あんまりないんじゃないかしら。私が世間知らずだから知らないだけなのかもと思っていますが。
お寿司屋さんのサンマなら新鮮でしょうね。
志ららさんって、ハンサムで素敵な人ね。お坊さんと喫茶店のオーナーと落語家と三つもやってるの。     ご自分のやりたいことやって、悔いないでしょうね。陰ながら応援してる一人です。

No title

ほんと 良い趣味ですね
僕は 先週 演劇見てきました 今週も暇だし どうしようか考え中です

サンマ 良いですね どんどん太っていくのを 比べてみるのも面白いかもしれませんね
11月くらいに 今までの軌跡って wwww
ついでに 値段も ^^

  駐在おやじ

Re: マーニ  さま

コメントありがとうございます。

ここのお寿司屋さんは、ランチは、ごくごくリーズナブルです。
ランチのメニューは、にぎりとちらしとお刺身定食が各2~3種類づつあります。そして何か1品お魚料理(煮るとか焼くとか)があります。
で、今日のお魚料理は、サンマの塩焼きでした。
日曜日も変わらずランチをやっていて、子供連れの家族はとても助かると思います。


Re: さえないばあさん  さま

コメントありがとうございます。

ここのお寿司屋さんのランチは、煮魚か焼き魚の定食は、必ずおいてあります。
(家庭で、お魚を煮たり焼いたりしないから、私としては大助かりです。^^)
ここのお店は、毎日豊洲へ行って仕入れてくるそうです。
(日曜は、河岸もお休みだから。。。日曜のランチは、どうしているのかな?)

あ、私の書き方が悪かったですね。志ららさんは「喫茶店のオーナーと落語家」の二役。
太鼓を鳴らしている人が、「シェフとお坊さん」の二役です。🙇

Re: 駐在おやじ  さま

コメントありがとうございます。

笑いは免疫力を作ると言いますから、落語を聴いて笑っていれば、コロナも逃げるでしょう。((´∀`))ケラケラ
(この、落語亭へ通っている人から、まだ一人としてコロナ陽性者は出ていないそうです。😲)

駐在おやじさんは、演劇鑑賞ですか?高尚な趣味ですね。
落語は庶民的ですから。。。あ、韓国にも寄席ってあるのですか?
秋は、コンサートが良いのじゃありません?韓国コンサート観るのって、楽しいですよね。

はい、サンマ、時系列で味わって行きたいと思います。^^
そうそう、太っていくにつれ、値段が下がるのかもしれませんね。(おかしな話ですが。)

No title

関東のスーパーのさんまは生さんまですがこちらは解凍がメインなんですよ~

Re: 自遊自足  さま

コメントありがとうございます。

解凍ということは、今年のものではないのですか?
じゃ、今でも太ったサンマがあるわけですかね?

01 | 2024/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

nonbiri365689

Author:ぽっちゃり婆
人生100年時代と言っても、もうその多くを生きて来た。
あと何年生きるのだろう。
死んでからでは遊べない、美味しいものも食べられない。
楽しむなら今のうちだ。。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
QRコード
QR