巣鴨寄席へ

今日は巣鴨の寄席に行く。
月3回のうちの2回目だが、いつも2回目が一番空いているとのことだ。

ランチを、この寄席の近くのパン屋のレストランで食べることにする。(パン屋だから、パンが食べ放題なのだ。^^)
今日のランチ(税込み900円)を注文する。
230216巣鴨タカセの今日のランチ

手前がささみのフライ、左はお魚のムニエルだ。(パンは、このお料理が来る前に、1個食べ終えている。@@^^)
やっぱり、揚げたてのフライは美味しい。😋(盛り付けも、奇麗に盛ってある。)

結局、パンは5個ぐらいは食べたいと思っていいたのだが、お腹がいっぱいになってしまって、3個しか食べなかった。残念。@@

食べ終えて、寄席に入ると、何と二番太鼓が“ステツク天天、ステツク天天”となっているではないか。(゚д゚)!
(開始時間を30分間違えていたのだ。)
慌てて、木戸銭を払って座る。
(で、飲み物はココアを注文したが、写真を撮る暇はなかった。)

今日の演目は、“錦の袈裟”・“二階ぞめき”・“付き馬”と、吉原を話題とした古典三題だ。
テンポがよくて面白かった。

帰りに、とげぬき地蔵(高巌寺)による。
寒いからか?お参りする人は少ない。
230216高巌寺

洗い観音を洗っている人もいない。
230216高巌寺の洗い地蔵

洗い観音の隣にも、ちっちゃなお地蔵さんが並んでいる。
230216高巌寺の子供地蔵達

最近、この地蔵通りには八百屋さんが沢山できるようになった。
私も、そのうちの1軒に寄り、フキノトウと、スナップエンドウを買って帰る。
春がやって来た!

スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

笑うことは健康によいですね。
そういう場所が徒歩圏にあって羨ましいです。

一度、出張の帰り一泊して巣鴨に行ったことがあります。
とげぬき地蔵もお参りしました。
50代でした。懐かしいです。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぶり返し

 予報よりも、随分寒かった朝でした。
暖かさ覚えてからのぶり返し!!
身体に堪える程の寒さに感じます。

ボチボチ、、真っ直ぐ春へ進んでくれるとアリガタイのですが、、
お腹もイアッパイで、寄席で笑う!
脳のも心にも良いそうです。


ハイ、、笑う門には福来る ですね。

Re: ぶーちゃん  さま

コメントありがとうございます。

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、と笑う場所。(徒歩ではちょっと無理ですが。。。)
上野の鈴本亭などは、3,000円に値上げしましたから、こちらは、お安くて助かります。

ぶーちゃんは、巣鴨へ行かれたことがおありなのですね。(巣鴨界隈に泊まられたのでしょうか?さくら温泉?^^)
とげぬき地蔵通りは、お年寄りの原宿ですから、今でも集まってくるのはお年寄り?^^
でも、最近は(コロナの影響でしょう)空いています。
TVのインタビューなども、一時期よりは減った感じがします。




Re: マーニ  さま

コメントありがとうございます。

全く、上がったり下がったり、忙しい陽気の変わり方です。
もしかして、年寄りを篩にかけて、弱っているものから排除させているような気さえします。@@

怒った顔より、笑った顔の方が、良いですものね。
私のようなブスは、笑っていないと見る目もはばかられます。^^
その上、笑うと脳が良くなると聞けば、大口を開けても笑うことは惜しまないです。(゚д゚)!

No title

子供の頃母と巣鴨のお地蔵さんによく行きました。母がお地蔵さんを洗うのを見て私も洗いました。今は白いタオルで洗ってるようですがその頃は亀の子タワシだったように思います。そしてお地蔵さんの前には何にもなくて水がめだけでした。お賽銭箱なんかなかったと思います。もちろんちっちゃなお地蔵さんもありませんでした。
吹上神社のいりごちにあった来馬薬局は高巌寺さんの親類なんですよね

Re: さえないばあさん  さま

コメントありがとうございます。

そうですね。洗い観音は、昔はたわしで洗っていました。
で、観音さんがすり減ってしまったので、新しいのに変えてから布で洗うようになりました。
お賽銭箱は、今は何処にでも置いてありますね。お地蔵さん毎に。。。
ああ、あのちいさいお地蔵さんもなかったのですか?
(もともとは、お地蔵さんて、子供だったんですよね。なんか親子に見えますが。。。)
昔は、お寺さんや神社さんも、同業者?で、一族を組んでいたのでしょうか?
でも、高巌寺さんはお寺さんで、吹上神社さんは神社さんだから、それでも同業と言うのでしょうか?
歴史を調べなければなりませんね。
01 | 2024/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

nonbiri365689

Author:ぽっちゃり婆
人生100年時代と言っても、もうその多くを生きて来た。
あと何年生きるのだろう。
死んでからでは遊べない、美味しいものも食べられない。
楽しむなら今のうちだ。。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
QRコード
QR