思い出の鬼子母神へ

雑司ヶ谷の鬼子母神へ行く。
ここは、母とよく来たところだ。

参道のケヤキ並木は、(刈り込んだのか?)以前に比べさっぱりしている。
231219雑司ヶ谷鬼子母神入口ケヤキ並木

鬼子母神堂の前まで来ると、四段の階段がある。
そう、この階段が車椅子を上げることが出来なくて、困ったものだった。
(通りがかりの親切な人が、車椅子を持ち上げてくれたりしたので、お堂の直前まで行き、お参りをすることが出来た。)
231219雑司ヶ谷鬼子母神

階段を上がればれば、すぐ左に、樹齢600年とも700年とも言われる、天然記念物の大きな公孫樹が、今も変わることなくそびえ立っている。
231219雑司ヶ谷鬼子母神銀杏の木

ここの鬼子母神の鬼の字には,角がない。
母はいつも、いつもその説明を私にしてくれた。
231219雑司ヶ谷鬼子母神鬼の字には角がない

お堂の裏へ抜けて、“魚河岸亭”と言うお店でランチを食べていた。(鬼子母神を祀ってあるからだろう、結構お年寄りが寄るお店だった。)
今はないので、魚河岸亭と同じ経営の、割烹大倉の方でランチを食べられるようになっている。

この割烹大倉も、亡くなった友人と来たことがある。
当時、アルコールの持ち込みが出来たので、持ち込んで飲んだくれたものだ。^^
店の人に聞くと、今も持ち込みが出来るそうだ。(友人が生きていたら、また来て飲んだくれることが出来たのに。。)

今はもう、母も友人もいない。今日は、一人おとなしく、お刺身定食を食べる。
231219大倉ランチお刺身定食

帰りに、(その当時は無かった)案内所に入り、絵葉書を買う。
(この絵ハガキ安い上に、右のみみずくのハガキとケヤキのしおりをプレゼントしてくれた。)
231219雑司ヶ谷鬼子母神案内書でハガキ

そして。。。思い出の世界から現実の世界へ。今日もまたリハビリに。。。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

お母さまとの懐かしい思い出は、鬼子母神にまつわる悲しい伝説を美しく輝かせてくれていますね。
お召し上がりになった刺身定食は、ひときわ味わい深かったのではないでしょうか。

きしもじん

 他人の悲しみを理解するには自分に置き換えて感じる事が大切と、
思い出話も同じでしょう。
ポッチャリさんのお母さんとの思い出にはその時の周囲の人の温かさも一緒に刻み込まれているのですね。

公孫樹、自分の後の代に ” 実をつける ” 
その想いが長寿を祝う人の気持ちに繋がっているのでしょう。

友達と ” 呑んだ、暮れた ” と、過ごした日々が ” 飲んだくれ ”
楽しい日々だったのでしょう。すれ違った友達の顔が浮かびます。
年末は殊更に思い出すコトが多いようです。
暫し、佇んで懐かしさに浸る ” 鬼子母神の優しい顔 ” ですね。

No title

思い出深い所なんですね
お酒の持ち込みができるお店があるなんて ^^

懐かしい場所での お刺し身定食 
たまには こういう場所での 食事も良いものですね

  駐在おやじ

No title

懐かしい日々とであってきたんですね。
新しいお友達が顕れるかも。

綺麗な紅葉の季節になりましたね。

No title

ぽっちゃりさん、母との思い出の場所、
懐かしさがこみあげてきますね。
お刺身定食食べながら至福を味わいましたね。
絵はがきは手書きしたものを印刷されているのでしょうか?
素敵ですね。
リハビリお疲れ様でした。
しまぽよより

Re: 声なき声 さま

コメントありがとうございます。

鬼子母神の話は、母親の気持を代弁していますからね。
悔い改めて、良い神様になったと言う分かりやすいお話が、母親たちを引き付けるのでしょう。
年老いた女性たちが、頻繁にお参りをしています。
又、このお店のランチは(昔から)お安くて、お参りに来る人達にもあまり負担にならないのが良いです。

Re: マーニ  さま

コメントありがとうございます。

あら、よくご存じですね。きしもじんと呼ぶ人は多いようです。
やはり、鬼子母神の伝説があるからでしょう、訪れる高齢女性は多いですね。
そして、のんびりと人の温かさが感じられる場所です。
ええ、この公孫樹はギンナンが生ります。
長いことこの地に立っていて、私がいなくなった後も、この地に立っているのでしょうね。

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、若い頃は、あちこちで飲んでいました。@@
でも、そんなハチャメチャな思い出も、今となっては楽しい思い出です。
(品行方正でいたら、こんな楽しい思いではないでしょうからね。)

Re: 駐在おやじ  さま

コメントありがとうございます。

ええ、今時のお店は一升瓶をぶら下げてお店に行くなんて。。嫌がられるでしょうね。
念のために、聞いたら、今も持ち込みOKだなんて、太っ腹のお店です。^^
(流石、鬼子母神さんのお陰でしょうか?@@)

夜は割烹料理屋ですから、安いランチのお刺身でも美味しいですよ。
ええ、このお店リピありです。

Re: hippopon  さま

コメントありがとうございます。

はい。久しぶりに昔の思い出に浸ってきました。
昔を懐かしむって、歳をとったということですよね。
公孫樹の木、昔はあまり気にならなかったのですが、歳をとったせいで、やけに綺麗に見えました。

Re: しまぽよ  さま

コメントありがとうございます。

いや~、久しぶりに鬼子母神をお参りしてきました。
(国庫の鬼子母神さんは、江戸三大鬼子母神の一つです。)

お刺身定食のランチは、(このお店夜は割烹料理店なので)安くて美味しかったです。
はい、絵葉書は手書きされています。
絵葉書に描かれている場所も、懐かしいです。

No title

錦秋。
人世も錦秋のときが 
それぞれに今迄のことが活きてちがってくるのかも、

秋を好む
秋好中宮、若い時にはりかいできませんでしたが 中盤位からなるほどと。

錦秋に輝く、
素敵なことですよ

Re: hippopon  さま

コメントありがとうございます。

暑い夏も、あっという間に錦秋の季節へ。
そして、昨日は冬至でしたね。
季節が変わりゆく中で、私はすっかり玄冬の中にいます。
少しでも、長く頑張れたらと思います。
04 | 2024/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

nonbiri365689

Author:ぽっちゃり婆
人生100年時代と言っても、もうその多くを生きて来た。
あと何年生きるのだろう。
死んでからでは遊べない、美味しいものも食べられない。
楽しむなら今のうちだ。。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
QRコード
QR